住信SBIネット銀行 活用術 住信SBIネット銀行 活用術 サイトマップ


   住信SBIネット銀行 活用術 > 住信SBIネット銀行の法人口座

住信SBIネット銀行の法人口座


住信SBIネット銀行では、法人の口座開設(法人口座)にも対応しています。




住信SBIネット銀行 法人口座で利用できる商品・サービス




銀行の法人口座といえば、「口座を持っているだけで口座維持手数料が必要になる」というのが一般的ですが、住信SBIネット銀行の法人口座は、口座維持手数料は無料となっています。


振込手数料や、セブン銀行・ゆうちょ銀行ATM利用手数料の方は、残念ながら、個人口座よりも不利な条件となっていますが、それでも、一般銀行の法人口座と比較してみると、住信SBIネット銀行の方がお得な内容となっています。




住信SBIネット銀行 三菱東京UFJ銀行
基本料金
(口座維持手数料)
無料 月額:1,728円
振込手数料(同行) 51円 3万円未満:108円
3万円以上:216円
振込手数料(他行) 3万円未満:165円
3万円以上:258円
3万円未満:216円
3万円以上:324円
リアルタイム送金 ×
一括振込 10件まで無料 初回:27,000円
以降、月額:3,240円
セブン銀行ATM手数料 108円 ×
ゆうちょ銀行ATM手数料 108円 108円〜216円
自動給与振込(同行) 一律51円 3万円未満:108〜162円
3万円以上:108〜378円
自動給与振込(他行) 3万円未満:165円
3万円以上:258円
3万円未満:378円
3万円以上:702円
※三菱東京UFJ銀行の同行宛振込手数料は、同支店宛と他支店宛で金額が異なります。



上の比較表は、住信SBIネット銀行の法人口座と、日本最大のメガバンクである三菱東京UFJ銀行の法人口座の比較ですが、振込手数料、セブン銀行ATM利用手数料を除く、他の項目については、住信SBIネット銀行の方が有利な内容となっています。



でも、やっぱり、一番気になるのは「基本料金(口座維持手数料)」ですよね?


「サービスを利用してもしなくても、毎月、1,728円以上は料金がかかる」


と考えると、いくら、同行宛ての振込手数料が無料だったとしても、トータルで考えると、マイナスになってしまう場合がほとんどではないでしょうか?



1,728円と言えば、「住信SBI銀行同士の振込手数料:51円の約34回分」ですからね(;^_^A。



他の銀行への振込手数料については、もともと、住信SBIネット銀行の方がお得なのですから、上に書いた○回分という事を考えると、三菱東京UFJ銀行の法人サービスには、魅力が足りません。





続いて、住信SBIネット銀行の普通預金金利・定期預金金利についてですが、住信SBIネット銀行では、珍しく、個人口座と法人口座の預金金利を同じにしています。



例えば、楽天銀行(旧イーバンク銀行)の場合、



・ 個人口座の普通預金金利 : 0.05%
法人口座の普通預金金利 : 0.02%



となっていて、両者の間に0.03%の差が付けられているのですが、住信SBIネット銀行の場合は、法人口座の場合でも、個人口座と同じ預金金利が適用されることがあります。

これは、かなり素晴らしいことだと思います。




住信SBIネット銀行の金利アップキャンペーンの一例




また、金利アップといったキャンペーン
については、普通、法人口座は対象外になる場合がほとんどなのですが、住信SBIネット銀行では、法人口座も対象になることがよくあります





以上が、住信SBIネット銀行の法人口座の説明ですが、これから住信SBIネット銀行の利用者がドンドン増えていくことを考えると、法人口座を持っておくメリットは高いと思います。

自分の会社が住信SBIネット銀行を利用していれば、顧客が同じ銀行を利用していた場合、顧客からの代金振込や支払は、手数料が無料になります。




顧客から自社への振込手数料を無料にできる




これは、ビジネスにおいて大きなメリットなので、決して、口座を開いていて損をすることはありません。



また、振込予約サービス定額自動振込サービスといったビジネスに便利なサービスも、個人口座と同じように無料で利用できるので、住信SBIネット銀行の法人口座を持つメリットは大きいと思います。



・ 住信SBIネット銀行の法人口座
楽天銀行(旧イーバンク銀行)の法人口座
ジャパンネット銀行の法人口座



この3つの法人口座を持っている会社は、顧客にとって、かなり嬉しい(取引しやすい)会社と見られるのではないかと思います。





各ネットバンクでは、ボーナス時期に合わせて定期預金の金利アップキャンペーンが始まっていますが、法人口座でも特別金利の対象になるのは、住信SBIネット銀行のみですので、利用予定がなく、まとまった資金を預けるには貴重な機会です。




住信SBIネット銀行の法人口座開設は、コチラから行えます。




参考 : ネットバンク 法人口座比較
    : 法人口座の常識を覆す ジャパンネット銀行
    : 楽天銀行(旧イーバンク銀行)の法人口座
    : ジャパンネット銀行の法人口座




住信SBIネット銀行 基本




お得なSBIカードの魅力


お勧めサイト一覧


当サイトについて

 Copyright(C) 2016 住信SBIネット銀行 活用術 All rights reserved